Read more

ムシとってないけど・・

キツネがいたとこは、防風林の松がネムや他の低木に変わっている辺りでした。低い樹の間には、花が満開のムシトリナデシコやハマゴウが広がっています。以前はこのムシトリナデシコが凄く目に付いたのですが、春先にはナガミヒナゲシ・夏にはタカサゴユリの勢いが凄くて、若干おされ気味に感じます。ほんの数株ある、白花のムシトリナデシコ。案外可愛いです。...

Read more

だ~れだ??新顔発見!

三里浜のハマゴウの群生から防風林に入る辺り。動く生き物に出会いました。こんなとこでネコなんて珍しいと思い、近づきました。シッポの先っちょ、白いなぁ・・こっち向いて~。あれ??キツネだ。でっかい前足はまだ大きく育ちそうな予感。まだ子供のようです、10m近く離れたとこからじりじり近づいても逃げません。しばらくご対面して、ふっと茂みに入っていきました。 ノウサギの姿は見たことありましたが、日中にキツネに出...

Read more

整列キノコ

小さなキノコが、行儀よく一列に並んでいました。ハマゴウの根っこからでてるアミスギタケ。小さいですが、今の時期ぽこぽこ出てます。砂の上に出てる枝からも出てます。まとまって出てると、花みたいですね。...

Read more

マゼンダ色満開!

満開の、ハマナスの花。色づいた実もちらほら見うけられますが、まだまだ花が多いです。色鮮やかなハマナスの花を見ると、もう初夏だなって実感がわきます。ハチの仲間達も大忙しです。大きなクマバチも見れますが、このときは普通のサイズのハチばかり。あんまり大きいハチだと、羽音が大きくてビビります。...

Read more

緑の浜

ぎっしりと緑の穂が実った、コウボウムギ。 ちょっと前まで茶色い浜でしたが、一面の緑のハマゴウが広がっていました。所々遠目でも黄色い塊(アメリカネナシカズラ)が、確認できます。足元にはフジの乾いた果皮。中の種子は無くなっていました。漂着クルミは春になると結構な数発芽していますが、それより多く見れる藤は、発芽した株をあまり見ないです。発芽する前に虫とか他の生き物に食われてる???スイカの種の発芽はある...

Read more

ヤブを漕げ!

6月の三里浜。浜に出るまでの道も、草で生い茂っています。暑いからといって半袖・ハーフパンツでは、あぃたた・・!地味痛い・引っかき傷ができます。 ハマゴウも生き生きしてます。   浜掃除後の、きれいな浜。釣り人とサーファーさんの姿がちらほら。まだ海水浴には早いので、静かです。...

Read more

お引越し完了

無事、お引越し作業が完了しました。これからも、よろしくお願い致します。...

Read more

美味そうなのに・・

防風林と、海側の後背地(?)の間。森の中ではうっそうと茂ってる木ですが、この中間地では、風の影響か枯れてました。ちょっと白骨っぽい姿をしてて、不気味でしたが、こんな木は木材腐食菌には、居心地の良いお布団みたいなもんです。立ち枯れの木に一杯出来ていた、アラゲキクラゲ。うきうきとビニール袋を出して、採ろうと思ったら子供に引っつかまれて、できませんでしたキクラゲ、美味いし採ろうよ!と、叫びましたが。近く...

Read more

薊の冠

鎮守の森を抜けると、灯台のある海側の海岸に出ます。遊歩道脇には、薊の花が咲いていました。赤紫色の可愛い花。春の新芽の天ぷらは、美味しいですし。今の花はとっても可愛い。これで葉っぱに棘が無ければ、摘んで帰りたいですね。...

Read more

灯台

陸側からでは見えませんが、雄島にも灯台があります。海に飛び出た地形の雄島からの明かりは、海上から良く見えそうです。...