Read more

ど~んてん♪(曇天)

なんだかバタバタしてた今月。やっと先週浜に足を伸ばせました。どんより。でも降ってないんで!雪も雨も降ってないのはありがたい。上の満潮線に、アシがごそっと寄ってますが、全体的にすっきり。のぶさんが仰ってた通り、あんなにあったライフジャケットの山は消えてました。ちょうどあった辺りの砂がごっそり消えてたので、砂ごと流された模様。それほど荒れたとは思わなかったんですが、風と潮の流れで、あっという間に浜辺は...

Read more

帰りはおうちゃくこきます

浜地~波松は浜が続いていたら、ずんずん歩いていってしまいます。が!帰りは砂浜を歩くと結構堪えます。ので、ひよって道路を歩くのもありですが、バランスをとりつつ、この上を歩くのも味があります。場所によっては結構高いところを歩くので、ドキドキしつつ歩きます。にゃんこが先導してくれたらすいすいいけそうですが。。。...

Read more

コロリと骨

海藻に混じって、魚の骨が点々と落ちていました。脂の臭いもなく軽い骨。もう少し形が残っていたら、正体が分かるかもしれませんが、一つ二つでは・・・分かりません。雪も降りますが、晴れた日は花粉も飛んでます。青空が気持良いのに・・目がしょぼしょぼ。...

Read more

韓国コマ

海岸線に沿って道路がある浜地~波松(ずっと行くと県境)穏やかな時は砂がありますが、荒れると浜の幅が狭いのであっという間に道路近くまで波が来て、寄ったものも流されてしまいます。ずーーーと歩いて行けそう。。テトラに引っかかってたりしないと、きれいな浜が続きます。ころんと落ちてたハングル文字入りのコマ。モノがないわけじゃないよ~って、ちょっと主張してるように見えました。  ...

Read more

さっぱり浜地

三里浜を後にし、北へ。サンセットビーチで一休みして、浜地・波松へ。こちらはあまり雪は残っていませんが、さっぱりとした浜。小石が集まってる所が、所々にあります。真っ白でつるつるの石と、メノウ。どちらも濡れて光っています。...

Read more

そう言えば・・

そう言えば浜の脇の道路に、転々と毛の塊が落ちてました。早く浜に出たくて急いでましたが、足元に散らばる毛にぎょっ!わんちゃんを連れてドライブした方が、ブラッシングがてら落としたのかと思いましたが、毛の付け根の方・・柔らかい毛に、赤いのがちらり。道路脇には、立ち枯れの松が並んでます。枝に止まって獲物の毛をむしったのかも。その辺にお食事痕が、残ってなくてほっとしました。...

Read more

小さいけど魅力的

浜に段が付いてるところでは、何も見つけられませんでしたが、緩やかな波打ち際にはきれいなベニガイが寄っていました。せっかくのヒラザクラですが、大きな穴あき。コデマリウニも見つけられました。紅色のコデマリウニは、ヘビイチゴみたいで可愛い。(茶色系のは、砂の色と同化して見つけにくいけど・・・・)暖かくなると貝拾いが楽しいですが、晴れた日は目や鼻がかゆくなってきました。インフルエンザも流行ってますが、花粉...

Read more

見事に何も寄ってない

波打ち際に段が出来ていて、モノが寄りにくくなってました。この辺りには寂しいことに、貝殻一つ打ちあがってません。前回寄ってた救命道具。オレンジ色が、空の青色と白い雪に映えます。三つの山に分かれたんで、この分なら春の清掃で重機で何とかしてもらえそうです。...

Read more

青空くっきり

先週出かけた三里浜。市内は雪がそれほど積もってなかったのですが、海側の方が降ったようです。青空くっきり。雪が溶けて足跡が浮かび上がってる様子が、おもしろい。皆・・・・どんだけ海が気になって見に来てるんだろう。サーファーさんに、釣り人さん達。そして、うちら(笑)。そういえばこの冬は備蓄側に入ってるサーファーさんが、少なかったです。波の都合か、海底が浅くなっちゃってるか・・浜側は浅くなってるようですが...

Read more

オレンジの馬

凛々しい馬の顔。ずいぶん前に波松で、胴体だけ見てます。オレンジ色がまだ鮮やかですが、ぱっくり割れて顔だけなのが残念。この幼児用の乗用おもちゃ、「新編・漂着物事典」にも載っています。馬の形が残ってるものは、嶺南で活動されているKINさんが見つけられています。中は空洞ですし、素材はプラスチック。昔の乗用おもちゃに比べると軽いので、どんぶらと海を渡ってこれるんですね。...