Read more

爆発ヘアー

落としやすい小さいぬいぐるみ(ストラップについてるような大きさの)は、川からのモノが寄った場所でよく会えますが、人形は久しぶりです。かろうじて未だ恐怖人形状態でないのが、ありがたいというか(笑)ウィンクと、ちょこっと出した舌が未だ可愛く見えるので、怖くない。強烈な寝癖の髪型が、チャームポイント。 ...

Read more

医療系は相変わらず

生活用品物は少なく感じても、医療廃棄物は相変わらず ゴロゴロありました。ガラス製の薬瓶がほとんどですが、プラ製の点滴パックらしきものもあります。知らないと小さいビンは可愛く見えるので、要注意です。未だ薬品が残っていたり、血液が入ったままのアンプルもあるので触ったり持ち帰りは、だめ。浜掃除で自治体に回収してもらうのが、安全でしょう。以前のように、針が付いたままの点滴チューブ(名称分からず)が束でごっ...

Read more

これぞビーチコーミング

レトロな形のプラ製櫛がありました。櫛よりブラシを使う方が多くなったと感じますが、飾りじゃなくて現役で使ってるのかな?浜で見るのは、圧倒的に櫛の方が多いです。晴れて砂が白いので見つけられた、カントンアブラギリ。そういえば、シナアブラギリはもっと見てません。こちらも砂から掘り出してから撮った、ハマナタマメ。お多福さんに惹かれてやってきた?晴れてるとじっくり探せるので、小さいお豆も見つけられます。 ...

Read more

きゃ~!

三里浜の続き出歩いた、越廼海岸。青空と、穏やか海・明るい日差しが春めいています。穏やか・うららか等ほっこり系の言葉と縁遠い、焦げたお多福さん。。。。節分も終わったし、お役御免は分かるけど、こんな風に捨てられるのは悲しいですねぇ。何より、心臓に悪いです(涙)...

Read more

小人さんのヘルメット

軽いプラのヘルメットは、いくつも漂着してきますが、小さいつまめるサイズの黄色いヘルメットは、きっと小人さんのでしょう。砂遊び用の魚も色々です。色んな表情をしてます。こちらはちょっと、Dランド似の表情豊かな熱帯魚系。泳げたいやきくんもどき(笑)無表情なのが怖い。...

Read more

小さい宝石箱

軽い寄りモノが集まれば、貝も集まります。貝溜まりに、今の時期嬉しいベニガイなどがありました。一足早い紅梅の花びらのようです。そんな中、笑顔がまぶしい陶器もの。頭巾あり・あごひげ無し・・・・恵比寿様かな。一応漂着仏に入る???とっても縁起が良さそうなので、お持ち帰りしました。...

Read more

目を凝らせ!

ポツポツと細かいモノが、寄っている辺り。色んなものが一杯で、どこを探したらいいのかって悩みながら、探します。遠目で見たときはカラスがいたのに、生ものも見当たらない。彼らもカラスガイやフジツボを、突いてるだけのようです。ビニール片にくっ付いて、シロツブがころり。やっと見つけた!!!豆らしい豆が見つからない中、ころっと姿を現してくれると嬉しいです。...

Read more

荒れた次の日三里浜を歩くと、お仲間さんらしき足跡がくっきり。波のカーブそのままに歩く様子が残ってます。サーファーさんは海に向かってまっすぐ入っていきますし、釣り人さんは所々で立ち止まってるので、すぐ分かります。チャンギの駒が、ころり。プラの中で一番海を越えてやってきた感じがする、おもちゃです。ちっちゃい「兵」は、下っ端さん。がんばれ。 ...

Read more

荒れても来ない

二月に入って荒れた日もありますが、浜は相変わらずすっきり。波が高くても、モノが寄ってない。波打ち際の砂に高さがあって、余計寄りにくくなってる感じです。可愛いペンギンのキャラモノも寄ってます(相変わらず韓国モノ優勢ですが)丈夫な漁港で使うような容器。きれいな入れ物なので、持ち帰ろうか・・悩みます。...

Read more

エコな浮き

この冬は白樺浮きが、網つきでよく見られました。網から外れた浮きも冬の初めはきれいでしたが、今の時期、大分ぼろぼろになってきています。そのうち分解されてしまう、エコな木製品。こちらも長旅で劣化が進んだ、テリハボク。割れて中が見えてるので、種子だとわかりますが、外側だけだと劣化したコルクのようです。暖かい所の植物なので、もし発芽しても本州で外での冬越しは出来ないとか。海岸での発芽で育ちそうなのって、オ...