Read more

ハマトビムシがたかってなけりゃ・・・

青空の下、海を見ながら歩くのは気持ち良いです。備蓄基地側に向かって歩いていくと、波打ち際にキラキラ光るものが・・もしかして、ギンカクラゲ?違いました。イワシの稚魚が波打ち際に沿って打ちあがってたのです。スズキか何か大型の魚に追われて、打ちあがってしまったのですね。何が残念って、新しそうに見えるのにハマトビムシがびっしり付いてること。うーーん、1時間くらい前に上がったのかな?ちょっと遅かったんですね...

Read more

先週は秋晴れ!

秋晴れの三里浜。ハマゴウの葉っぱが、散りだしていました。枝だけになる頃には、日本海シーズン本番・・・のはずです。貝ラインに混じって、久しぶりの陶片。紅皿の破片は見ますが、お皿の形が残ってるのは見たことが無い。紅を入れていた真っ白な陶器。開けた時、紅の鮮やかさが際立って見えたんだろうな。 ...

Read more

来始めてる感じですが・・・まだまだ

今期モノか不明ですが、ビンロウライター。これとジンロ瓶がきだしたら、シーズンが始まったかなって感じます。その前にギンカクラゲとルリガイが見たいんですが・・まだ見てないです。赤い頭は、三分間ヒーロー。頭部だけは物悲しすぎます。某企業ロングセラーアイス商品・メロンボールのイチゴバージョン?りんごやモモがあるとは聞いていますが、イチゴもあったのかな?...

Read more

三里浜のクモ

晴れた砂浜。折れたアシの塊の脇に、クモが居ました。防風林の中に巣を張るジョロウグモと比べて、足が太め。ネット図鑑で調べると、どうやら砂浜に穴を掘るイソコモリグモ(クモ目コモリグモ科) のようです。環境省・レッドデーターブックで絶滅危惧Ⅱ種に載っているとか。春に名前の由来となった子供を背中に乗っけて守ってるそうなので、春にも探してみたいです。...

Read more

松原は、キノコ祭り

天筒山の次は、気比の松原。浜に出たんでキノコ観察会とは言え、うずうず・・・・お昼をささっと食べて、ちょこっとだけ歩きますが・・さすが観光地。海のオフシーズンでも、掃除されていて美しい浜です。  青い空に、穏やかな海。とってもきれい。ビーチコーマー的には、泣ける浜(笑)ちなみに、お天気がいいからと外でお弁当の方も多いですが、観光地ならではのトンビ被害、ここもあります。気をつけなきゃ~と言ってた矢先、...

Read more

キノコ観察会

秋晴れの昨日、博物館主催のキノコ観察会に参加してきました。敦賀での観察会。 天筒山。青空と紅葉が美しい。下に中池見湿地が見えます。落ち葉の間から、にょっきり。(これはノウタケが二つくっついたもの)ここでの目玉はこちら。ヒョウモンクロシメジ(平成9年に日本で始めて、ここ天筒山で発見されました)傘に黒っぽいヒョウ模様がある、渋いキノコです。(続く)...

Read more

強烈

真赤なフィギアがありました。長い首に特徴的なフォルム。宇宙人映画ブームを引き起こした、あの宇宙人です。フィギア?にしては、えらくバランスが悪いし、顔が怖い。胸にはE・○の文字がばっちり。え~!?なにこれ!?微妙すぎです。 ...

Read more

良い感じ?

近場のアシだけ上がったのかと思いましたが、アシに混じって、真新しい白樺浮きやカントンアブラギリがちらほら。あら?結構良い感じ?今年もんかな~?去年の埋没もんかな?つまんで力を入れると、ぱきっと割れます。くんくんくん・・・・・・・今年のでした(涙)ちょっと色が付いたクリーム状の中身に、激しく自己主張する香り。アブラギリや椿の種子は、割るな!要注意です。...

Read more

台風後、その二です。

ホネホネサミットの時の台風通過後です。本州縦断したおかげでサミットは途中で中止。台風め~~!!って、恨んじゃいます。台風後の三里浜は、相変わらずすっきり。その前の週と違うのは、ちょっとモノを置いていってくれた位。アシの間の、カニの砂遊びの型とか。お月さま。これってベビーカーにつけるおもちゃっぽいですが・・どうでしょう。波の後が分かりやすい浜。これで浜が生臭かったら、ギンカクラゲとルリガイが期待でき...

Read more

定着してます

鷹巣の川の河口でも植物が茂っていましたが、こちらでも植物が定着していました。ごっそり寄ったアシに種子も混じってたのですね。ヒッツキムシ(オナモミ)の株がいくつもありました。ハマダイコン。こっちは花が咲いています。後背地にはセイタカアワダチソウなども咲いていて、種が飛んできてもおかしくないんですが、アシの中から生えてくるのは、オナモミ系の植物が多め。タネのほうが砂地では育ちやすいのでしょうか。...