Read more

番外編:骨になるまで(うちの場合)

怒涛の夏休みの作品が入賞できました。先週末授賞式に行ってきたのですが、他の入賞者も素晴らしい作品ばかり。作品を拝見しつつ、来年は何をしようと悩みます。(※ 下に動物死骸の画像あります。苦手な方はお戻りください)今回の作品レポにはつけませんでしたが、ブタやウサギの除肉したのはどうなったのか・・普通の骨格標本は 除肉→脱脂→乾燥→組み立て。うちの場合、除肉→料理→脱脂・・・となりま...

Read more

リアル牛の道を行く

先週、久々に塩屋に行って来ました。夏の間に塩屋~片野往復はキツイ・・涼しくなったので歩いてきました。途中通る道路脇の、牛のカカシ(?)補修されるたびにリアルさが増して、今では本物の牛のような出来栄え。      塩屋到着。遠くに見えるのが、片野海岸。      塩屋の河口付近は、海藻がごっそり。      ウニ殻。海藻に混じって結構な数上がっていますが、歩き初めに壊れ物は・・・持ち歩きがどうかな?...

Read more

紛らわしい

遠目では、エボシガイ付き流木に見えましたが、・・・カワラタケの仲間がびっしり付いている木でした。白っぽいのでアラゲカワラタケ?      ちょっと面白い浮きがありました。今年こそは!と、ハロウィン用のオレンジ浮きを探してる時に見つけた黄色い浮き。 素材がビニールなんです。空気入れの穴がぽっちり見えます。触ると、ぷにぷに~。割れないから便利そうですが、水圧には弱そう。ガラス浮きからプラ浮き、そしてビ...

Read more

河口開通

三里浜側に長い間、蛇行していた川の河口ですが、先日の台風の時、ちんたら蛇行してられるか!って感じで、増水でまっすぐ開通したようです。その河口辺りで、野鯉を見たわけですが。。。他にもアシに混じって木工品らしき木片もありました。      最初後頭部の焦げた側が表だったので、ただの木片に見えました。裏返すと加工の後があり・・・・・これって木像の頭部ですね~。お顔の部分が剥がれていて、なんとも言えない。...

Read more

トンビがくるりと輪を描いた:2

頭上で旋回するトンビ達に追い立てられるように、浜を歩き出しましたが・・またしても群がってるトンビ達。こちらは河口の水がたまった場所で、浜に下りているトンビ達も手が出せずにうろうろしてるだけ・・・ああ!水の中に亀発見。流木で近くに寄せます。     ( ※ 陸ガメの死骸アップが続きます。    ちょっとそれは・・って方は見ないでください)     どんっ。でかいです。頬の赤い、ミシシッピアカミミガメ...

Read more

トンビがくるりと輪を描いた

空にトンビが、ぐるぐる旋回していました。何かある!!!ダッシュで近づくと、浜にいた数羽も飛び立ち、上でぐるぐる旋回。       ど~~ん。野鯉。大きいです・50cmオーバーは確実。川の生き物でこれほど大きいのは増水してたとしても、珍しいです。トンビたちにとって、これだけ大きい魚はご馳走ですね。お邪魔してごめんね~と思いながらも、段々高度を下げて威嚇するトンビ、怖すぎ!!...

Read more

うおっ!?

はい、モダマそっくりでした。見た瞬間、ドキッとして心臓に悪かったです。浮きか何かの磨耗した破片でした。あ~びっくりした。      他に、こんな容器も。三国港辺りでは、水色のプラかごを使ってるのでもしかすると韓国モノかも。付着物が無いので、判断しづらいです。(ロゴ無し)流木やアシがごっちゃりですが、微妙に余所から寄ったのもあるような感じ?その割りにエボシガイつきや、ギンカクラゲは見つからず。。。...

Read more

ミニ豚

ごっちゃりアシに大量流木・・・きっと何かあるんでは~と探していると、可愛い豚ちゃん発見。いつもの貯金箱サイズではなく、クルミと比較して、一回り大きいだけのミニサイズ。この大きさですから、お金を入れる入り口もありません。胴にはリボンの女の子ブタでした。      機関車トーマスのキャラクター。真っ赤なボディはジェームスらしいが・・。足回りがちゃっちいし、機関車部分が短いので、ちょっと怪しいなあ。。 ...

Read more

波が来てたとこ

台風の影響で、高い波が来てた場所はすっきり。この辺りまで波が来てたよ~と、よく分かります。       寄せられたのは、どんな感じかと言うと・・・こんな感じ。ごっそり~です。ほぼアシ・ヨシ軍団。流木もごろごろ。       生木かな?と思いきや、       枯れた幹につた系の植物がびっしり。ぎちぎちに枯木に巻きついていました。名前も見たままの、木蔦(キヅタ・ウコギ科)でした。...

Read more

台風後の晴れ!

台風が通過した次の日の三里浜です。雲ひとつ無い青空が、広がっていました。     波が高かったので、サーファーさんが数人、海に入っていました。打ちあがった流木が目立ちます。     三里浜では珍しめの木製のお碗。     屋号は入っていませんでした。自宅用だったのでしょうか。若狭では良く上がる木製お碗ですが、こちらではあまり見ません。川由来モノが、今回は多そうです。...