Read more

ほっとする

ドキッとするモノを見た後は、ちょっとしたプラモノにも安心(笑)します。芳香剤か、防虫剤の容器っぽいですが、カメの形に壽の文字入り。なんともお目出度そうではないですか。            軽いプラモノの中には、チャンギの小さいコマ・「士」チャンギの一人分は7種16枚x2で対戦するので32枚揃えないといけません。まだまだ道は遠そうです。...

Read more

お約束とは言え・・

浜掃除が済んでいるので、浜焼きも済んでいるという事で・・大きな物は撤去されていましたが、(これも大変な作業です)ガラス瓶の割れたの・プラものの融けたの・・・色々あります。           お正月飾りの注連縄。そして御札。           鶴岡・・と読めたので鶴岡八幡宮かと思いきや、すいません・鶴が岡でした。京都府北桑田郡美山町にある全国唯一の中風封じのお寺、中風寺。鶴が岡薬師様は中風避け・...

Read more

白樺浮き

網に通された白樺浮きの塊もありました。細く半透明な網で、磯など近場で使われるような感じ。            皮にロープが通してありますが、棒で通すのでしょうか?一つ一つ通すのも結構な手間です。            近くには大きなサルノコシカケもどき。これならサルも座れそうです。...

Read more

春らしく

三月半ば頃に、チラッと行けた越廼海水浴場です。浜掃除はすっかり済んでいるものの、海藻などが寄っていました。暖かくなり、ドライブがてら砂浜に寄る方も増えた為か、アナゴ受けでオブジェが作られています。            それでもまだ向うからの寄りモノも少しはあるようで、ハングル文字入りの看板がありました。            こちらは医療廃棄物。容器は某有名国内メーカー(モザイク掛けました)中身...

Read more

謎・・な棒

浜地は掃除が済んだようにきれいでしたが、所々にモノはあります。ふと目に付いた30cm位の棒。文字が書いてありました。            OPПEHKO??ネット検索をかけましたが、不明。名前なのか、なんなのかも分かりません。謎。            金色の人型っぽい。こちらは検索ですぐ分かりました。イタリアの有名炭酸水メーカーでした。       ...

Read more

講座前の浜地

三里浜の後に寄った浜地。講座前の週だったのですが、波が高くて掃除したように美しい。            民宿からでた越前カニ?足もちらほら落ちていました。            穴が大きくなったバフンウニ。ムラサキウニより繊細な模様が美しいです。...

Read more

崩れそうなので

三里浜・備蓄近くの浜は、浜掃除前に重機で整備されていました。それでも排水溝の水量が多くなると、自然と砂が崩れる場所があります。この・・・中途半端に崩れそうで崩れないひびが入った部分。子供でなくても崩したくなります。            力をこめて踏みつけると、ざ~と砂が崩れます。あ~これ、子供達を連れてきてたら大喜びしそう。            陶器製の酒瓶がごろり。銘柄など名前入りだと面白い...

Read more

純白レースの森

ブイに付いたコケムシ。これは良く育っていたので、コケムシのレースが大きいです。            白くて大きく育ったコケムシは、白い雪の森のよう・・・・なーんてロマンチックに言えれば良いんですが。雪国舞茸みたいで美味そうって思っちゃいました(笑)舞茸の炊き込みご飯美味いですよねえ・・・旧和泉村駅前の道の駅で売られている炊き込みご飯が食べたくなりました。...

Read more

お久しぶりです

お久しぶりです、復活いたしました。海はまだ行ってないので、前回の続きになります(涙)新しい寄りモノが少ないので、プラものをこまかくチェックすると・・色々あります。3cmほどのマンモスの親子のフィギアもそうです。冬ならまず見落とすサイズ(笑)            一瞬ぎょっとしたのは、ゴキブリのおもちゃ。色が白かったのでまだマシですが、茶色系だったら見たくないです。             白いトラ...

Read more

日替わりかも

移動し続ける河口に、行く度に驚かされます。そしてこの日は、サーファーさん駐車場側に出来た浜に大きく波が被っていました。            河口近くの寄りモノは、畑のお約束・カボチャ(味見済み)これはそんなに腐ってなさそう・・勿体無い。             つやっつやのトチの実。ツヤのある部分とざらついた部分のツートン模様が特徴的です。小学校の国語で思い出す「モチモチの木」じさまの作る美味し...