Read more

※番外編:お花見

(※番外編)去年は凍った一輪しか咲かなかった皇帝ダリアが、今年は一杯花を咲かせました。どうにかして青空とダリアを撮りたいと狙っていて、先週やっと撮れました。            一番上の段が満開です。次々下の節の花も咲いていくので長い期間花を楽しめます。ちなみに去年は1.5mしか伸びなかったのですが、今年はお隣の二階の窓の下レベル。約3mほどでしょうか。大きいのは5m近く育つとか・・今週あいにくの曇天...

Read more

水晶浜BC講座:4その後

流木の上で睨みを利かせているのは、カマキリのメスさん。よたよたと流木の隙間から出てきていたので、流れ付いた子かもしれないです。アップで近づくと・・・にらみを利かされちゃいました。お~迫力。つまんで近くの草におきましたが、ハサミを振り上げて威嚇!!そんなに怒らんでも。。            水晶浜BC講座の後に寄ったこの海岸は、骨の他にも良く見られるのがこの御碗。こういった塗り物が良くあがるのです。...

Read more

水晶浜BC講座:3と追加:骨探し

お茶目なオブジェを囲んで、最後の締めのお話をShigeさんにして頂いて、水晶浜BC講座の〆となりました。講座に参加された皆様とお話できてとても楽しかったです♪センターの皆さま・Shigeさん・参加された皆様、ありがとうございました。 このあと白木海岸に移動し、美しい貝を大量に拾えました。嶺北でも拾えないことはないんですが、数が違います。カラフルな貝が一杯でした。         そして次のお目当ての骨を捜しに...

Read more

水晶浜BC講座:2

それぞれのペースで水晶浜を歩いていましたが、ダイヤ浜近くの浜茶屋を見上げてびっくり。砂浜に面しているコンクリートの壁がごっそり抜けて、ベランダは崩落。先週の荒れた日一晩経ったら崩れていたそうです。荒れた日本海容赦無いです。                        (お手伝い中のろっかくさん)おじさんに砂浜に立てる看板書きを頼まれたので、ろっかくさんと一緒にお手伝い(笑)この冬の荒れで流される...

Read more

水晶浜BC講座

海洋自然センター主催のShigeさん・ビーチコーミング講座に行って来ました。いつもの食見海岸ではなく、水晶浜で大勢の方と歩くのです。人が多いのでそれだけ色んな物が見つかるかも~と楽しみでした。歩く前の講座ではお話はもちろん、Shigeさんコレクションの陶片も見せて頂きました。戦中の陶器製のおろし金もあり、その時代を感じるものばかりです。            お話の後は、浜へGO!!先週の寒さや雨はどこへやら・...

Read more

軽いもの順番

海浜植物も秋から冬仕様に変わってきているように、寄りモノも変化してきています。まずは軽いサンダル素材の網の仕掛けから・・・            プラ容器の縁の破片・ハングル文字入り。同じく文字入りの荷造りテープの破片とか・・・長距離移動の寄りモノたち。まだ大きな物や、エボシガイたっぷり物は少ないですが、そろそろ寄ってるでしょう。            ちなみにこの日の成果は竹の棒10本。ちょうど...

Read more

春待ち

花と茎の部分は枯れ、枯れハタザオになっていたハマハタザオ。上部分は枯れていますが、緑色の葉っぱは冬支度万端です。            綿毛の無いタンポポのようなのは、ハマベノギク。花が終わり種が出来ています。            短い毛つきのハマベノギクの種。風に乗って飛ぶ形ではないですが、砂浜を風に乗って飛ぶくらいは出来ます。冬の北風で飛ばされて分布地を広げるのではないでしょうか。 ...

Read more

青空と紫

三里浜の防風林の松の松枯れは進んでいますが、まだ大丈夫な松もあります。そんな松林から空を眺めると、青い空に松の緑が映えます。            ハマゴウの葉も落ち寂しさが増した浜ですが、まだスミレが咲いていました。アマナスミレ・・多分。            濃い紫色の花が力強い。春も咲いていたので、花期の長い花です。                    手前が枯れたハマハタザオで、奥が葉を...

Read more

お食事中

微小貝ラインに上がったのは貝だけではありません。大きな魚に追われたのかイワシの稚魚が数匹上がっていました。そして小さな青い体には・・ハマトビムシが食事中でした。先日SHIGEさんが紹介されていたように、ハマトビムシの除肉技術はピカイチ。このイワシもあっという間にきれいな骨格標本になるでしょう。            コロッと落ちてたのはシナアブラギリ。扁平丸型のいつもの形のと違い、長細く山型。もし...

Read more

欲目で紛らわしい

波はサーファーさん好みの良い感じなのですが、浜はまだのんびりムード。微小貝ベルトが長く伸びています。            軽いアシの破片に混じってあるのは、ヂオクレア?・・ではなく栗の外れっこ。遠目では欲目もあり、一瞬見間違えます。            こーんな劣化スーパーボールも紛らわしさ爆発です。テリハボクに、色もサイズもそっくりさん。見つけるたびにドキドキしてては心臓がもちません、きれい...