Read more

すこ~んと

先週の三里浜です。晴れた日に出かけたので、真っ青な秋の空が高いです。そしてこの日の前日の波によって、スッキリした浜もすがすがしいです(笑)            こちらは前からのアシがどっさり寄っている場所。波が上がった所がS字を描いています。日にさらされて白く乾いたアシが目に眩しい。            シナアブラギリが発泡粒に混じってありました。唯一と言っても良い、種子モノでした。 ...

Read more

カラフルです

浜地の巻き貝は、種類も数も多くて目移りします。色の鮮やかなヒオウギガイの大きいのや、ビワガイ・・おまけに二枚貝は中身入りか心配も無いので嬉しいです。タイコガイやカズラガイは中身無しか確認してから拾います。           メダカラガイと思って拾ったのは、ナツメガイ。これは始めて見たので、嬉しいです。小粒の砂と混じると見つけにくい地味さ(笑)この地味さが見つけ難さの原因のひとつかも。 ...

Read more

存在感あります

浜地で嬉しいのはメノウだけではありません。カズラガイにタイコガイ・ウラシマガイなどの巻き貝天国ですから。クリスマスシーズン前にリース用の貝を拾うなら、ここが一番です。貝ベルトで、これでもかと貝を拾っていると、目の前に一本の骨がど~ん。ごろっと大きな骨が落ちてる・・・普通の人が見たら絶対引きます(笑)他の部分はまったく無かったのが、残念。            ビニールの切れっぱしにしか見えないこち...

Read more

久しぶりの浜地です

今週は久しぶりに浜地にも足を伸ばしました。先週行った時は、付いた途端大粒の雨が降ってきて・・車窓からの眺めを楽しんだだけ(笑)これほど悔しい物はないので、リベンジです。             今回のお目当ては、荒れの後の大粒のメノウ。貝が一杯上がる場所を過ぎて、砂浜に小石が増えてきたあたりが狙い目です。それでもこんなに大粒なのは珍しいので、テンションが一気に上昇!(笑)             ...

Read more

丸ごとです

海が荒れると流木の数も増えますが、流木の大きさもさまざまです。一番多い枝は、クラフトにも使えて便利ですが、中には丸ごと一本根っこまで!という豪気な木もあります。使えそうでいて、使えなさそうなのは気の毒ですが。            そして小さい物探しと言えば種子ですが、こちらは地味系代表・ニガカシュウ。山芋のムカゴは、ムカゴご飯や胡麻和えで食べますが、こちらは苦くて食べれないそう。齧って確認してみ...

Read more

半生だけど・・

先日Shigeさんがムクロジを紹介されていました。嶺南に比べると数は少ないですが、嶺北でも何とか数粒(笑)見つけました。まだ全然乾いてない半生で、これの中に羽根付きのあの黒い玉が入ってるそう。            そして軽いアシの間にころりとあったのは、ハマナタマメ。ぷっくり膨れた大き目のお豆さん。九州あたりから来た?今年初めてのハマナタマメです。 ...

Read more

同乗者あり

秋の訪れを感じさせる?プラ浮きの漂着。アカフジツボがビッシリ付いて紅葉の様・・・・って思いたいですが(笑)嫌いな人は、見るだけでさぶイボがでそう。一応、海の上を旅してきた旅人なんですが、陸に付いたら気の毒です。            こちらはイカの甲に付いていた、同居人ならぬ同居貝。他の付着物が無いので、どこかに挟まってた甲に貝が付着・成長したのかも。腐れ汁の臭いさえなかったら持ち帰りましたが、意...

Read more

そろそろ浜も紅葉

海岸近くですと余り背が高くないハマゴウですが、後背地のまん中あたりではこんな長く実をつけたのもあります。ずらっとなが~い実、花だったときは藤のように見事だったでしょう。            海岸線近くのハマゴウは、可愛い大きさ。葉っぱが赤くそまって、秋の色です。             9月より紫色が濃く見えるハマベノギク。越前市(旧・武生)の菊人形も美しいですが、浜の菊もまだまだ見頃です。...

Read more

心臓に悪いリサイクル

軽いモノ・・ペットボトルなどの入れ物系が多いですが、空き瓶もありました。形がちょっとレトロな中国版スプライトの瓶。           エボシガイが付いてお洒落だね~と近くから撮っていて気が付きました。中になんか入ってる・・・・・・・蓋が王冠でなくプラなので開けやすい。瓶の中から出てきたのは、透明な液体と・・・・・・・でっかいむかで!!!          流石にこれにはびっくりしました(涙)ごろ...

Read more

残念、アシの花壇

川モノがどっさりと寄ったアシの塊の上に、看板1つありました。「清水谷」の地名が薄い字で読め、福井市の旧清水町だと思いましたが、違いました。福井市(旧美山町)のお隣の池田町の地名のようです。川の近くの看板が雨で流されて・・・足羽川から、九頭竜川に合流~三里浜に漂着?ルート的にはそんな感じでしょうか。漂着物の出所&途中ルート予想も楽しいです。あれですね、看板1つに歴史あり!(笑)         三つ...