Read more

ゴツくない

昨日の粒々集合体の次は、心機一転(?)つるりんなクルミです。近くの川から流れ付くクルミは殆どが、山や河川敷に生えているオニグルミ。ですが、たま~に、ゴツくないヒメグルミがあります。一冬潮と日に晒されて、白くてつるりとしたハート型。                      排水溝近くに生えていたオカヒジキ。まだ若い葉は柔らかそうですが、味見には物足りない。日が経つと葉っぱがごつくなって硬くてチクチ...

Read more

紅一点

備蓄横の排水溝から出る排水。ここに吹き溜る寄りモノに、ハングル文字入りの板がありました。前にも見た木造船の船体番号に似ています。一冬でどれだけの数の木造船が漂着したのでしょう?船の形の残ったものだけでなく、壊れて漂着したものもあったのかも。          元の潜行板の色が残らないくらいのフジツボ。ギャーーー!って叫びたくなるフジツボマンション。          びっしりついてるのはタテジマフ...

Read more

水やり中?

晴れた三里浜のど真ん中に、ぽつんと落ちてたプラ製ジョウロ。海側のコウボウムギの群生を抜け、カワヨモギやハマヒルガオの群生の辺り。誰かが水やりの最中だったのかも?           すぐそばにはハマヒルガオの花。Shigeさんが仰ってたように赤い虫がわんさか蠢いています。アップを撮りたい為に近づきますが・・ホントはうへぇ~~って思ってます。...

Read more

一足遅れ

三里浜の帰りに寄った大味漁港。先々週の土曜は、川に稚アユも上がってなかったので釣り人もまばらでした。          ここの楽しみは白いメノウなのですが、たまにこんなガラスのように透明なのがあります。水晶というには結晶が微妙な感じ。水晶なりそこない?(かわいそうな呼び方かも・・)          石英に見えたこちら。良く見たら、陶器製の人形でした。磨耗していて分かりにくいのですが、子供が鯉(魚...

Read more

・・・の惑星

工業用プラスチック?の燃えカス。炎の造詣美というか、プラスチックの有終の美?数十年前に流行った「~の惑星」の映画シリーズのような風景です。           スキーの板のような物が排水溝河口近くに上がっていました。足の止める部分が面白い形で、これって水上スキーの板でしょうか。水上スキーをテレビ以外で見た事がないので分かりません。...

Read more

なんの入り口?

昨日のハマナス公園から浜に出る(通称)SHIGEさん入り口。ここは冬は荒涼としていますが、夏は抜けるような青空が最高です。          前に載せた整列した草。まだ名前は分かりませんが、葉が大分大きくなってきました。    青い入り口の蓋がありました。ここを開けると地下基地への入り口が・・・なんて事はなく。はるばる海を渡った大きなプラの蓋。コンポストやゴミ容器の蓋にも見えますが、前に流れてきてた貯...

Read more

花盛り

三里浜には自然観察の為の、福井市ハマナス公園があります。(こんな名前だった地図で調べて知りました)バードウォッチングが出来る館もありますが、今の時期は外のため池やその周辺の自然観察の方が楽しいです。(SHIGEさん入り口の池周辺のことです)                    池周辺では今、キショウブ・白や紅色のハマナスの花が満開です。暑い砂浜を歩くのはちょっと・・という方でも気軽に散策できるポイン...

Read more

番外編・美味いよ!サメ

(※ 番外編です。)台所に鎮座するのは、ドチザメ(51cm)もっと大きいのかと期待してたのですが、意外にスリム体形。この種のサメは大きいものでは1.5mほどにもなるらしいのですが、そんなでかいのは持って帰れないって(笑)縞模様に黒い斑点のボディー(もちろん鮫肌)に、やぶ睨みな目。口は下側、やすりの様な小さい歯。(荒めの紙やすりのような感触)では調理します。(・・途中は省略)           三枚に...

Read more

川からずらり・・

(※ 通常編です。)川からのアシやヨシの枝に混じって、実モノも一杯落ちていました。山からだけでなく、街路樹や公園で見かける木の実もあります。          (上の段左から 松ぼっくり スギ系? メタセコイア) 下の段     不明種子  コバンソウ ドングリ(ミズナラ?) スダジイ)パッと枝の中を探してもこれだけ出てきます。あとドングリや栗なども、ごろごろと・・        クルミはこんな風...

Read more

オカヒジキはアウト

一昨日ニセアカシアの花ともう1つ楽しみにしていたのはオカヒジキです。もうそろそろかな~と備蓄側に行ったら、ありゃりゃ・・・・どんと重機が鎮座中。                   備蓄側に集った砂の撤去作業が始まり、ここに生えてたオカヒジキは姿を消しました。久々にコンクリートの壁が見えた備蓄側。オカヒジキ~~!大きく育ちすぎたオカヒジキはバリバリで口の中に刺さるので(去年体験済み)今年は新芽を期...