Read more

BC講座②

室内でのBCのお話の後は、待望の浜歩きでした。朝方の曇天は嘘のような晴れっぷりで、益々子供達のテンションも上がります早速見付けたモノを持ってShigeさんに質問中の子供達。NHKさんの取材も入ってます。       丁度皆さんが立ち止まられてる所、ここをその後通ったら、波間にきらりと光るモダマを見つけました!!!おおぉ!!コウシュンモダマ!子供だけでなく私のテンションもうなぎ上りその後kinさんもジオクレアを...

Read more

BC講座(海浜自然センター)

昨日は嶺南に足を伸ばして海浜自然センターのBC講座に(Shigeさんのですよ~!)行って来ました。・・・が、せっかく行くのですし・・とセンターに行く前に和田海水浴場と世久見の海岸をうろうろ・・・        和田は波が高くて、うひょ~と妙にテンションが上がる子供達。危ないって・・        小さいヒトデも子供達に掛かったらブーメランに早変わりです。哀れ、干しヒトデは海に飛んで行っちゃいました...

Read more

一日で・・

前回の三里浜では合計3個の完品のアオイガイと一個のタコブネ、破片のアオイガイを幾つか拾えました。一度にこれだけ拾えたのは、初めてです。       そしてこの日、ガラス浮きまで見つけました。(今期の運を使い果たしたに違いありません・・)必死で歩いた前回は空振りでしたが、今回は丁度流れが来た時に会えたようです、ありえないほどラッキーでした。...

Read more

身一つで・・

身一つで浜に放り投げれ・・と聞くと悲壮感漂いますが、身が一欠けらも無くなったモクズガニの殻は、海水で濡れて透明感があり美しいとさえ感じられました。ここまで奇麗に食べられたら、見事!としか言いようがありません       海の中では生きている宝石のようなウミウシも、陸に上がったら正体不明のモノになっちゃいました。こちらはお気の毒・・...

Read more

こんな所に産まんでも・・

花が咲いたようなのは、確かミガキホラの卵のう・・だと思います。何度聞いても覚えられない何にくっ付いてるのかと思えば、チューチューアイスの容器でした。そしてウエットスーツの切れ端についてた卵のうは、見た事がない形でした。光が乱反射して見難くてすいません。       海ほおずきってこんなのを言うのでしょうか?テングニシの卵より細長いので違うかな。...

Read more

プラもの続々・・

嬉しくてアオイガイの事ばかりでしたが、私の大好きなプラもの続々と上陸を果たしていました。一寸くたびれたヘルメットから・・・       愛すべきタコツボまで陶器製のタコツボに一度お会いしたいのですが・・プラ製のぶたタコツボばかりなのはちと残念。...

Read more

こちらも来てます!

昨日はこんな感じの微小貝ラインがずっと出来てました。そして、そこで待ちに待ったアオイガイが!!        タコブネの興奮が冷めないうちに、アオイガイです。変な奇声を上げてしまったのはご愛嬌という事で・・最初のは割れましたが、次は小さくても完品!!ば・・ばんざ~い!        ...

Read more

来ました~!

先週のインフル騒ぎもどうやらひと段落付きそうなので、今朝海に行って来ました。           良い感じに寄りものベルトができています。まだ一寸寄りモノよりエチゼンクラゲの破片の方が多めかな?大量に破片が上がっていますが、気温がそれほど高くないのでまだ臭いません(ほっ!)       そして!貝ベルトにきらりと光る、タコブネ発見ほぼ一年ぶりの再会に、テンションが上がりました嬉しい~海に感謝です!...

Read more

幸○って・・?

ただのバラバラになったゴミ箱の破片と思いきや・・そのお名前を見て、あのテーマソングが頭の中に流れました。幸○・・・このあと歩いている間中、オープニング曲が頭から離れませんでした。       冬の越前の名物といえばカニですね。キンセンガニかと思ったら足が違う・・キンセンモドキかな。...

Read more

あの国から・・?

日本海側ですし。こんな星マークつきの物を見るとドキッとします。う~わ~。       こちらはハングル文字入りのプラ容器。こんなのが、ポツポツとあがるようになって来ました。...