Read more

帰りは寄り道の方が多い

舞鶴の帰り、県を超えるって言うと結構大変そうなイメージでしたが、そうでもなく。トンネルひとつで福井入りできました。今回どうしても寄りたかったのは和田海岸。こちらは、お洒落流木や骨系で当りなとこでして。。。あと、ハマボウフウの新芽も多く見られて骨系と、植物楽しめました。 ...

Read more

3月終盤の三里浜

お天気のよい日が続き、住宅地近くの浜からは煙が上がっているのが遠くからでも見えます。三里浜、新しいよりモノといえば、海藻やこまかい流木が多くなり、シーズン終了。砂に埋もれたコウボウムギも緑の穂が出て来ていました。これで花粉が少なかったら歩きやすいのですが・・...

Read more

ほっとする色

ウンランの花。黄色の小さい花ですが、可愛いです。ここ2年ほど春から夏にかけてコウボウムギやハマゴウの群生地で、ノウサギの痕跡が少なくなったように感じます。イノシシは相変わらずなんですが。。生き物たちも色々変化してるのでしょうか?まあ、近くの山では相変わらず良く会うので減ってるわけではないようですが・・...

Read more

満開のハマベノギク

先週の台風前の三里浜。ハマベノギクが満開でした。近くに名残の、ネコノシタ。今週末も雨予報。。海に行きたいです。  ...

Read more

名残もあるよ!

大好きな夏の朝の花。夏休みのラジオ体操を連想するツユクサの花です。スカイブルーな花の色。秋の高い空の色そっくりです。...

Read more

ちょびっと紅葉

ハマゴウ、葉っぱと実が色づいていました。もうすぐ?まちどおしいです。...

Read more

あっという間に10月

はやいです。気がついたら10月。今年もあと三ヶ月切りました。後背地の窪みに残っていたセンニンソウの花。ほんの少しだけ花が残っていて、夏のおまけ貰った気分です。...

Read more

大きな鞘の割りに。。

何本も実っていた、ニセアカシアの鞘。藤と違ってぺらぺらの鞘は風が吹くと、カサカサ・・・と、ささやくような音がします。ニセアカシアの種子。大きな木に比べて、意外なほど小さくてうすっぺらく、育ちが悪いえんどう豆みたい。ですが、発芽率は良いのか、大きな木の近くには若い木が何本も生えています。タフな木ですね。...

Read more

あっという間に

8月にはいってバタバタしてる内に、ハマゴウも半分以上実がつきだしました。時間が経つのが本当に早く感じます。子供の頃の夏休みは長かったのに。 後背地で結構な勢いで咲いている、タカサゴユリ。道路脇のアスファルトの割れ目に根を張り、ずらっと並んで咲いていたり・・タフなユリです。...

Read more

ちょこっと前ですが・・

さてさて、途中遠征ネタを入れましたが、三里浜ネタに戻ります。と言っても、ちょーと前ですいません。。ネムの花をやっと撮れたと喜んで、三里浜。釣り人や海水浴の方で賑わってました。ンで、やりたかったのが、ハマウツボのミイラ探し。緑の中の茶色って結構目立ちまして・・鷹巣方面のハマウツボが減少気味だったので、三里浜で、探しました。・・・・暑いので、ザーーーと走って見て、ぼちぼち発見。来年の開花が楽しみです。...