Read more

もうちょっと早けりゃ・・・

緑色の鳥さん。シンプルデザインで、ピーピー笛ではなさそう。フィギアっぽくもないですし・・もうちょっと早く会えたなら、干支モノでありがたく年賀状を飾れたのに。。。残念!お次は、だるまさん。下部に棒の後があったので、飾りだったのでしょう。時節モノを見ると、季節の移り変わりを感じます。...

Read more

貯金箱・自称じゃないよ

砂に埋まってたのを、発掘。鼻部分が無くなってて、蚊取り線香の豚さんにしか見えない。背中にコイン入れるとこあるので、貯金箱だと分かります。もうひとつは、顔だけ額にコイン入れるとこがあり、こちらも、かろうじて貯金箱を思わせます。(一緒に写ってるのは、ハスとフジの種子)長旅で劣化が激しいですが、ブタ貯金箱人気は健在のようです。...

Read more

バケツクラッカー

目立つ青と赤色のバケツ。カラフルなゴミ箱だな・・と思って見たら、クラッカーの容器でした。木馬にまたがった女の子が、ひょいとつまんでます。レトロなイラストが特徴的。フィリピンのお菓子メーカーさんでした。。これ一パック食べたら・・・お腹一杯になりそうです(笑)...

Read more

ちょいブサ・・

ペットボトルや海藻ばっかり・・と思いきや、久々のキャラモノがありました。ちょーーとお鼻が可愛くないですが、ばんびちゃん。チャンギの駒。こんなのは、すぐにポケットに入れたくなります。...

Read more

プラモノが少ない

去年の海記事続きます。海藻と一緒に上がっていた、プラ椅子。プラ製品や海藻がごっそり寄ってた例年に比べると、今季は少なめ。ホンダワラに、白い発砲粒がびっしり。発砲スチロール片多すぎです。エボシガイ付きの小さい破片も、いくつも上がってました。軽いから(笑)こんなのは探すと、ちょこちょこあります。...

Read more

あれ?10月だ

バタバタしてるうちに、9月が終わってしまいました。あれ?っと、気がついたら10月。ですが、まだ海は行ってないので9月の海記事・続きです。南風でモノが寄らない時は、波が高くても発砲スチレンやプラ屑の軽いものが多く上がってます。雨の後ごっそり寄ったアシの中に、フィギア。腕が元々付いてない(マントの中?)ようですが、和ものっぽくない顔。ちょっと昔のSF映画の脇役キャラみたいな服。ピンと来るキャラクターも思い浮...

Read more

冬の名残

ごそっと集めてある、プラ浮き。晴れた日に、周りに何にもないと冬の墓標のようにみえます。川からの流れモノに混じってぬいぐるみ。ヒッツキムシの種子がくっ付いて、気の毒すぎる姿になってます。 ...

Read more

立ち往生中

砂に埋まった、赤い車のおもちゃ。プラ製品より重い金属製なので、それほど遠くからやってきたのではなさそうです。ごっそりと寄った漁具。大量のロープ類は、海上に漂ってると厄介モノですが、新しいロープは回収されて、再利用されているものも多いです。そろそろ浜掃除の時期。何とか・・・花粉やPM2.5なども回収できないかなあ。。   ...

Read more

韓国コマ

海岸線に沿って道路がある浜地~波松(ずっと行くと県境)穏やかな時は砂がありますが、荒れると浜の幅が狭いのであっという間に道路近くまで波が来て、寄ったものも流されてしまいます。ずーーーと歩いて行けそう。。テトラに引っかかってたりしないと、きれいな浜が続きます。ころんと落ちてたハングル文字入りのコマ。モノがないわけじゃないよ~って、ちょっと主張してるように見えました。  ...

Read more

オレンジの馬

凛々しい馬の顔。ずいぶん前に波松で、胴体だけ見てます。オレンジ色がまだ鮮やかですが、ぱっくり割れて顔だけなのが残念。この幼児用の乗用おもちゃ、「新編・漂着物事典」にも載っています。馬の形が残ってるものは、嶺南で活動されているKINさんが見つけられています。中は空洞ですし、素材はプラスチック。昔の乗用おもちゃに比べると軽いので、どんぶらと海を渡ってこれるんですね。...